クレジットカード一覧


リンク2 キャッシング一覧
Home>

クレジットカード一覧 ごあいさつ

クレジットカード一覧のホームページをご覧頂き、ありがとうございます。
クレジットカードはどうしても必要ですよね!でもどれがいいか迷われているならこちらのカードはいかがでしょうか?
お探しになりたいクレジットカードが見つかるようこれから紹介できるクレジットカードの種類も増やしていきたいと考えておりますので、ごゆっくりとご覧下さい。

クレジットカード

クレジットカード(英語: Credit card)とは、商品を購入する際の決済(支払)手段の一つ。又は、契約者の番号その他が記載され、及び記録されたカードである。英語: creditとは、信用のこと。
分割払い機能をもつものを、クレジットカード、一回払いのものをチャージカードと呼ぶこともある。それに対して、即時払いのカードは、デビットカードと呼ばれるそうだ。

ENEOS CARD S(スタンダード)

ENEOS CARD S(スタンダード) 年1回のカードご利用で年会費無料!ガソリン・軽油はいつでも2円/L引き!ドライブのお守り代わりにこの1枚!本人会員/1,250円税抜き(初年度無料)※ENEOSサービスステーションまたは、一般加盟店で年1回以上のカード (QUICPay・ETC含む)のご利用で次年度の年会費は無料。

ENEOS CARD P(ポイントタイプ)

ENEOS CARD P(ポイントタイプ) カードを使えば使うほどポイントが貯まる!ENEOSサービスステーションなら 最大3%ポイント還元!給油はもちろん、洗車やオイル交換などでも ポイントが貯まる!本人会員/1,250円税抜き(初年度無料)

ENEOS CARD C(キャッシュバックタイプ)

ENEOS CARD C(キャッシュバックタイプ) 毎月のカードご利用金額に応じて、ガソリン、軽油が最大7円/リットル引き!日々の暮らしの中で使えば使うほどガソリン代がお得!本人会員/1,250円税抜き(初年度無料)

エネオスカード キャッシュバックタイプ ENEOSカード ENEOSカード

UCSカード

ブランドは充実のラインナップ、VISA/MASTER/JCB。アピタ・ピアゴでお得に買物したい!ポイントも賢く貯めたい!そんな方におすすめ!
UCSカード UCSカード UCSカード

UCSゴールドカード

ゴールドカードは、旅行好きには外せない国内・海外損害保険も国内最高クラスで付帯!更に、国内主要空港とホノルル空港で空港ラウンジサービスもご提供。そんな最高峰サービスがついて、年間費がたったの240円になる方が多数!
UCSゴールドカード UCSゴールドカード UCSゴールドカード

ドラゴンズカード

中日ドラゴンズ公式マスコット「ドアラ」とコラボした中日ドラゴンズファンなら持ちたい1枚。
・選べる2デザイン!
・中日ドラゴンズが試合に勝利するたびにポイント加算!
・貯まったポイントでオリジナルドラゴンズグッズと交換!
・利用金額に応じて抽選でチケットやグッズが当たる!
・アピタ/ピアゴでお買物が断然お得に♪
・アピタ/ピアゴでポイントが賢く貯まる♪
・今なら2,000点の入会特典♪など
ドラゴンズカード ドラゴンズカード ドラゴンズカード

マイメロディカード

UCSカードと大人気のマイメロディがコラボした1枚。
・かわいいデザイン2つから選べる♪
・貯めたポイントとオリジナルグッズが交換可能♪
・アピタ/ピアゴでお買物が断然お得に♪
・アピタ/ピアゴでポイントが賢く貯まる♪
・今なら2,000点の入会特典♪など
とにかく“かわいい”クレカならUCSマイメロディカード♪
マイメロディカード マイメロディカード マイメロディカード

アプラスG・O・Gカード

あなたのサイトで弊社アプラスG・O・Gカードをぜひご紹介ください!アプラスG・O・Gカード会員になると、パソコン・スマホ・タブレット訪問サポート、パソコン修理、データ復旧などのサポートサービスが、会員割引料金でお得にご利用いただけます!その他アプラスカードショッピングポイントが貯まるなどの特典もあります。
アプラスG・O・Gカード アプラスG・O・Gカード会員になると各種サービスが会員割引でお得!
アプラスカードショッピングポイントも貯まります
アプラスG・O・Gカード

イオンカード

ときめきポイントプレゼント☆イオンカード(WAON一体型)ご入会・ご利用キャンペーン実施中!年会費無料!
イオンカード イオンカードセレクト イオンカード

ETC協同組合のガソリンカード

クレジット審査なし!法人ガソリンカード
1.クレジット審査がないので発行しやすい
2.年会費・カード発行手数料が永年無料・つまり維持費ゼロ!
3.従業員にその都度、現金を渡さなくてよい
4.必要枚数、複数枚、申込OK
5.利用明細で一括管理
・利用日時、車輌番号、利用ガソリンスタンドも明記
6.全国のエネオス・出光のガソリンスタンドで利用可能
7.全国統一価格。どこのガソリンスタンドで給油しても同じ金額
8.圧倒的人気の後払い方式
ETC協同組合のガソリンカード ETC協同組合のガソリンカード ETC協同組合のガソリンカード

マネパカード

・マネパカードは最大5通貨を1枚のカードにチャージできる海外専用プリペイドカードです。
・手数料等のコストはクレジットカードの実質半額以下です。
・カードに残った外貨を円に再度両替するときの手数料相当額も格安です。
・マネパカードは与信審査がないので、16歳以上であれば誰でも申込できます。
・マネパカードは海外専用プリペイドカードです。
・日本円を入金して外貨に両替後、カードにチャージできます。
(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルが対象)
・チャージした外貨は、海外でのショッピングやATMのキャッシングに使用できます。
・上記5通貨以外についても、米ドルがチャージされていれば、米ドル換算で利用できます。
・手数料等のコストはクレジットカードの実質半額以下です。
もちろんほかの海外専用プリペイドカードや外貨両替より大変お得です。 ・カードに残った外貨を円に再度両替するときの手数料相当額も格安です。
・ICカード搭載、カードショッピング保険が付与されるので安心です。
マネパカード マネパカード

クレジットカード仕組み

クレジットカードは、利用できる加盟店で、商品の購入に際しクレジットカードを提示すると、いったんクレジットカード会社が加盟店への支払いを肩代わりし、後でカード利用者へ代金を請求する仕組みである。
1、カード利用者は、カード加盟店でクレジットカードを提示する。
2、カード加盟店は、商品・サービスを、カード利用者へ提供する。
3、カード加盟店は、商品・サービス代金の伝票を加盟店管理会社へ回す。
4、加盟店管理会社は、商品・サービス代金から加盟店手数料を差し引いた金額を数日以内にカード加盟店へ一括で支払う。
5、加盟店管理会社は、取引情報を処理センターへ送る。
6、処理センターは、取引情報をカード発行会社へ送る。
7、カード発行会社は、手数料を上乗せして商品・サービス代金をカード利用者へ請求する。
8、カード利用者は、商品・サービス代金をカード発行会社へ支払う(通常は月極め締めの一定期間(例えば25日)後)。
9、カード発行会社は、商品・サービス代金からカード利用者紹介手数料を差し引いた金額を加盟店管理会社へ支払う。

カードの利用にあたってはクレジットカード発行会社へ信用照会が行われる。ここで承認が降りない場合(期限が切れている、限度額を超えている、支払いが遅れている等)、クレジットカードを使用することはできない。
米国や日本などでは、基本的にカード払い(但し1回払)でも現金払いでもカード利用者への請求額は同額であるが、イギリス、デンマーク、スウェーデン、オランダ、オーストラリアなどではカード取扱手数料の加算請求が認められている。米国では、カード発行会社は銀行でなければならないので、窓口や通常の預金・貸付業務などを行わないクレジットカード専門の銀行が多数存在する。米国や日本のようにカード払いでも現金払いでもカード利用者への請求額は同額の場合、利用者から見ると加盟店にとってカード払いも現金払いも同じに見えるが、加盟店に実際に支払われる金額は現金取引の場合の金額から手数料を差し引いた金額で、この手数料は結果的に加盟店管理会社、処理センター、カード発行会社で分配される。手数料は通常3%前後であるが、加盟店と加盟店管理会社の力関係(取引額)などにより異なる。その他にも、加盟店は加盟店管理会社から以下のような様々な名目の料金を徴収される。
毎月の口座維持費
毎月の端末使用料
トランザクション(販売・返品など)毎の固定料金
カードの不正使用(例えば他人のカードを使ってカード名義人になりすまして加盟店で買い物)がありカード名義人からカード発行会社に通報があると、加盟店はカードの裏の正規名義人の署名と同じ署名のあるカード使用スリップや、名義人がカード発行会社に登録した住所への購入物品の送り状などを加盟店管理会社に示して瑕疵のなかったことを証明しなければならず、それができなければ不正使用の損失はその商品・サービスを販売した加盟店が被ることになる。

クレジットカード限度額

通常、使用者の属性に応じてカードごとに利用限度額が定められており、日本では一般カードで5万?50万円、利用実績などによっては50万円超?100万円程度、富裕層を対象としたゴールドカードでは50万?300万円程度となっており、属性や利用実績などによって開きがある。諸外国のカード会社では、限度額を月給のX倍相当額迄などと設定しているケースもある。
利用限度額と未払い債務(未請求の債務を含む)額の差が、その時点でのクレジットカードによる立替払いが可能となる金額となる。クレジットカードによって異なるが、小額なら利用限度額を超える利用ができる場合もある。 なお、事前の利用限度額を設けないとしているカードもあるが、カード会社側では実際は規定の限度額(与信枠)を管理しており、多額の利用をしようとすると承認が求められる。
なおコールセンター等に利用限度額を上げるように申請すると、改めて審査が行われて利用限度額が増えることもある。このことを与信枠を増やす事から、増枠と呼ぶことがある。
また、海外旅行に行く場合や、国内であっても大きな買い物をする場合、一時的に利用限度額を上げてもらうこともできる。これは臨時増枠、一時増枠などと呼ばれる。
なお、一部のカードでは目的別に複数の限度額が設定されている場合がある。過去には国際ブランドと提携したばかりのハウスカードで、自社店舗利用分と国際ブランドでの利用が分かれていたものも多かった。現在では決済システムの統合のためにほとんどなくなっている。

クレジットカード支払方法

一括払い
その名の通り、1回で支払ってしまう方法である。最も一般的な支払方法。一括払い専用のカードは、チャージカードと呼ばれる。初期に生まれたクレジットカードは、一括払いであった。
分割払い
手数料がかからない2回分割払いと、3?36回程度の分割払い。高額商品を購入するときに有用な支払い方法である。カードが対応していても、店舗によっては取り扱えない場合もある。
リボルビング払い(リボ払い)
毎月決められた一定金額を支払う方法である。買い増ししても毎月の支払い金額が変わらないのが特徴。その代わり支払い回数が増えていく。加盟店が消極的なことがあるため普及していないが、逆にカード発行会社では増収を期待して、利用者向けにキャンペーンなどで奨励する傾向がある。また、店舗で一括払いと指定しても、支払いは全てリボ払いとなるリボ専用カードや、後日、公式サイトや電話連絡によって、リボ払いへ変更できるものもある。
ボーナス払い
ボーナスを当てにして支払う方法。ボーナス一括払いであれば最長6ヵ月、ボーナス2回払いであれば最長1年間も支払い猶予期間がある。なお、ボーナス払いを指定できる期間は決まっているので注意が必要。
フレックス払い
フレックス払いはリボ払いの一種であるが、クレジットカード会社が定める最低の金額以上であれば返済額を自由に定めることができる。リボ払いに柔軟さが加わったと考えると分かりやすい。
前払い方式
プリペイドカード方式のクレジットカードで、性質的には前払い式電子マネーに近い。一般的には使い捨てのギフト用プリペイドカードとして販売されている。日本ではギフト用としては発行されておらず、海外旅行用やネット決済用として発行されている。

クレジットカード一覧その他

クレジットカードを入手する為には、申込を行い審査を受ける必要がある。審査の基準はクレジットカードの種類やイシュアによって異なるが、特に米国においては、信用情報(クレジットヒストリー)が非常に重要となる。そのため、現金を多く持っていてもクレジットヒストリーが無い、あるいは返済状況が悪ければ、クレジットカードの取得は困難となる。そのため、まずは与信を行わないデビットカード(チェックカードと呼ばれることもある)である程度クレジットヒストリーを築いた後、クレジットカードを取得することになる。

クレジットカード一覧次へ ページトップへ

クレジットカード一覧

キャッシング一覧| 消費者金融紹介| 消費者金融一覧| 消費者金融口コミ| 消費者金融評判| 消費者金融書き込み| 消費者金融ブラック| 金融書籍| 買取| 素材フリー|