クレジットカード一覧

ホームページ便利へ オンラインゲームへ
Home> リンク1> カジノゲーム>

カジノゲーム

カジノゲーム

カジノゲームページ

ゲームサイト 成人ゲーム 出会い チャット



貨幣錯覚

(かへいさっかく、money illusion)とは、人々が実質値ではなく名目値に基いて物事を判断してしまうこと。本来、貨幣価値の変化を考慮した購買力によって判断しなければならない時に、金額を通じて判断を行なってしまうこと。貨幣の中立性が成立しなくなる一要因である。貨幣はそれ自身が何か有用であるわけではなく、あくまで貨幣によって購入されたものから満足を得ることができる。つまり、名目的な貨幣額ではなく実質的な購買力こそが重要なはずである。それにもかかわらず、人々には名目の貨幣額に基づいて行動を決定する傾向があり、それをアーヴィング・フィッシャーは貨幣錯覚と名付けた。その後、多くの実証分析や実験などによって、存在が確認されてきた。

貨幣数量説

(かへいすうりょうせつ、英: quantity theory of money)とは、社会に流通している貨幣の総量とその流通速度が物価の水準を決定しているという経済学の仮説。物価の安定には貨幣流通量の監視・管理が重要であるとし、中央政府・通貨当局による通貨管理政策の重要な理論背景となっている。貨幣数量説の萌芽として、14世紀エジプトの歴史家マクリーズィーの議論がある。当時のエジプトでは金と銀の不足により銅貨がインフレーションを起こし、経済危機が発生していた。マクリーズィーは銅貨の流通と物価に注目し、金銀を取引の中心にすえて貨幣政策を行うよう主張した。

リンク1ページ

キャッシング一覧
消費者金融紹介
消費者金融一覧
消費者金融口コミ
消費者金融評判
消費者金融書き込み
消費者金融ブラック
消費者金融の紹介
消費者金融の一覧
消費者金融借りる
カードローン
仮想通貨
金融書籍
金融投資
FX口コミ
FX情報
FX掲示板
買取
素材フリー
文字アイコン
アイコン素材
キャラクター素材
アイコンフリー
キャラ素材
ホームページ素材
顔文字素材
写真素材
ロゴ作成
ホームページ作成
アイコンの素材
キャラクターなど
ロゴで集客
ホームページ便利
カジノゲーム
オンラインゲーム
出会いサイト
人妻出会い
女性出会い
出会いの場
チャット出会い

クレジットカード一覧その他

クレジットカード一覧次へ

ページトップへ