クレジットカード一覧

ダイエット口コミへ カラーコンタクトへ
Home> リンク2> ニキビケア>

ニキビケア

ニキビケア

ニキビケアページ

ニキビ原因 ニキビケア商品 スキンケア商品 スキンケア用語



偶発債務

企業がある係争を抱えていたり、ある債務に対する保証行為をおこなっている場合、訴訟の結果多大な賠償負担が発生したり、債務の不履行などによる保証責任が発生したりすることがある。一般的な貸付債権や売掛債権などの場合は貸倒引当金等の名目で会計上にこのような債務の発生を予定することで偶発性の認識を帳簿に反映させるのであるが、訴訟事件などの場合は企業側が正当性や債務の不存在などを主張しているため会計上に債務発生の可能性を適切に記述できていない可能性がある。また、かつては金融派生商品(デリバティブ)や保証などについて会計上の認識に不備がありデリバティブ取引による損益が当該取引決済まで認識されなかったために、突然に巨額損失が発生するといったことがあった。

デリバティブの会計処理

現在の会計基準によれば、デリバティブ取引については、契約の締結時において、その発生を認識しなければならない。契約の決済すなわち、取引の終了時点に、契約から生じるリスクとリターンが契約当事者に帰属するためである。また、毎期末においてデリバティブ取引において生じる正味の債権または債務は、時価をもって貸借対照表に計上され、評価差額は当期の損益として損益計算書に計上される。つまり、デリバティブ取引により生じた利益や損失は、ただちに損益計算書及び貸借対照表などの財務諸表に反映される。ただし、ヘッジ会計における繰延ヘッジによる場合には、デリバティブ取引による評価差額は、貸借対照表の純資産の部における評価換算差額などに、繰延ヘッジ損益等の科目をもって計上されるが、損益計算書においては計上されない。例を挙げるならば、持ち合い株式などのその他有価証券に、デリバティブ取引によるヘッジ会計を適用していた場合、その他の有価証券が売却されるまで、損益計算書に損益が認識されることは無く、貸借対照表に評価差額が計上されることとなる。

リンク2ページ

資格取得
パソコン周辺機器
レンタルサーバー
ブログ掲示板
ホームページ掲示板
相互フォロー
便利フリー
便利サイト
ホームページ紹介
アフィリエイト掲示板
不動産
起業
メンズアイテム
レディースアイテム
メンズファッション
メンズアイテム紹介
メンズシューズ
ダイエットアイテム
ダイエット口コミ
ニキビケア
カラーコンタクト
ライブチャット求人
ライブチャット大阪
チャット求人
在宅ライブチャット
在宅チャットガール
ライブチャット募集
高収入求人
在宅アルバイト
高収入チャットレディ
高収入ライブチャット
チャットレディ求人
在宅バイト
求人掲示板
求人口コミ
アフィリエイター募集
高収入バイト

クレジットカード一覧その他

クレジットカード一覧次へ

ページトップへ